中国で爆竹をならす意味

サイトマップ

RELATE中国語スクール

℡.047-718-5330

中国語教室 千葉
RELATE 中国語スクール

住所:〒272-0023  千葉県 市川市 南八幡4ー5ー4号 3階
℡.047-718-5330

中国で爆竹をならす意味

中国に行った事がある方は、中国で街を歩いているときに爆竹(鞭炮biānpào)の音を聞いたことありますか?




 

日本の爆竹は箱に入っていて、一つ一つの爆竹自体が、非常に小さい作りですが、中国は一つ一つが非常に大きい爆竹で、音もとんでもなく激しくランボーが銃撃してるんか?と思ってしまう程の激しさ。
耳がとんでもなくキーーーンとなります。
周りの他の音が聞こえなくなります。

大昔はお正月だけ爆竹を鳴らしていましたが、爆竹は魔除けの意味があり、会社の開業、お店のオープン、結婚式などでも爆竹を鳴らすようになりました。

中国の伝説の怪獣(年nián)を追い払う為に始まった爆竹や花火

昔話だと、中国の伝説の怪獣(年nián)を追い払う為に始まった爆竹や花火。

その昔、(年nián)と言う名の怪物(怪獣)がいました。

(年nián)は、年末の大晦日に村へ現れて村を襲い、人や家畜を食べて悪さをしていたそうです。

ある時(年nián)という怪物は、光と爆音と赤い色を嫌う事が分かり、それから村人は爆竹や花火を鳴らして、(年nián)を追い払うようになったという伝説があります。

「爆竹を鳴らす」と「爆竹」の中国語

「爆竹を鳴らす」の中国語は、放鞭炮(fàng biān pào)。

また爆竹は日本語と同じ爆竹(bào zhú)。

ただし一般的に、鞭炮と言われる事が多いようです。

 

中国で爆竹は縁起物

空気汚染に騒音に火事で最近法律禁止される大きな都市もありますが、それでも爆竹を鳴らしたいようです。

爆竹の形は縁起物でもあるため、部屋に飾るインテリア製品の需要も。
年末を迎える時期には大量に販売し、家や店や事務所に飾ること多いです。

中国の特徴的なインテリアですね。

    

中国語教室 Online

動画で簡単な中国語を紹介しています。

中国語教室 Online をもっと見る


top